残暑厳しいときの体調管理

 

パーソナルトレーナー

加圧トレーナー

さとう式リンパケア上級インストラクターの北裕二です。

 

 

まだまだ暑い日が、、、、

 

そんなときは、以前にご紹介しました。

 

「てのひらを冷やす」

 

その① てのひらを冷やそう

その② てのひらを冷やして脂肪燃焼?

 

 

手のひらをひやすとオーバーヒート状態が改善されます。

 

体温と心拍数は相関してして体温が0.5℃上がると

心拍数が10拍上がるそうです。

 

今回は、汗だくで水泳の練習から帰ってきた息子で実験。

 

今回はスマホアプリのストレス測定で心拍数をチェックしました。

 

 

まずは、ビフォー。

 

 

 

78拍。

 

おまけに汗だくです。

汗が止まりません。。。

 

 

てのひらを冷やします。

 

10秒×3セット。

※ひやしすぎ注意です。

 

 

そして、再度測定。

 

 

7拍下がってます。

 

そして、汗が、、、

 

ピタッと止まりました。

 

これには本人もビックリ。

 

発汗が止まってるということは深部体温も下がっていると予想されます。

 

 

熱中症は身体のオーバーヒートです。

 

人は、寒さには対応できるシステムが色々備わってますが、

熱には発汗くらいしか対応するシステムはありませんね。

 

まだまだ、暑いので、オーバーヒートには気を付けましょう。

 

 

ストレス指数も下がってますね。

ストレスはダイエットの大敵。

 

ダイエットにもいいかも。

 

 

 

友だち追加

 

ki-ta

最新情報

はこちら

から!

 

      ロゴをクリック!