「観察する」ということ

 

 

米国IBA認定ボディートーク施術士の北裕二です。

昨日のブログがなぜか結構反響があったようで。。

 

なぜ、女性の悩みはひとに相談をするだけで解消するのか?

なぜ、ボディートークはタップするだけで変化するのか?

 

 

これを見て頂くと分かりやすいかも。

5分くらいありますが、面白いですよ。

必要に応じて色んなセミナーの時に見て頂くこともあります。

 

 

「ただ観察すること」

これだけで変化するんですね、本当に。

 

 

なので、触れずに施術するなんて、簡単ですし、そんなコトできても全然大したことありません。

お客様に実際にやったら結構な割合で怪しまれる&気持ち悪がられます(笑)

 

 

 

「じゃあ、なぜボディートークはタップするの?」

素朴な疑問です。

 

何年か前に、同じような質問があったときにボディートークの上級インストラクターのシルビア先生は明快に

 

「だって、あなたはボディートーカーでしょ?」

 

 

ボディートークを施術する「存在」として、ボディートークのセッションをしているからタップする。

 

 

これって全てに当てはまりますね。

 

 

自分がどんな存在として観察するか?

 

 

さとう式でも他の施術でもすべて当てはまりますね。

 

テクニックなんかよりもよっぽど大切な要素だと思います。

 

 

 

あ、また宣伝しちゃったな。

セッションのお申込みはこちらから。

 

ki-ta

最新情報

はこちら

から!

 

      ロゴをクリック!