屈筋はアクセル筋、伸筋はブレーキ筋

 

店主のキータです。

 

キータの骨格模型の大腰筋のテープを貼りかえるついでに、その下のもも裏の筋肉もテープを貼りました。(大腿二頭筋長頭、短頭、半膜様筋、半腱様筋)

 

 

 

 

これらはすべて、さとう式でいうところの「屈筋」です。

身体を支持するのは屈筋です。

 

 

前に進むときにアクセルの役割をする働きがあります。

 

反対にブレーキの役割をするのが、太ももの前側や、お尻などの伸筋です。

上半身だと背中がそうですね。

 

坂道をブレーキを掛けながら下るときに使うのは太ももの前側ですし、ダッシュして急ブレーキをかけるときに、上半身を反らせますね。それは背中の筋肉に力が入ってるからなんです。

 

 

アクセルとブレーキ、どちらも必要です。

 

 

でも、常にブレーキを踏んでると(伸筋を緊張させてると)困ったことになります。

伸筋が過緊張してるということは、常に動きの中で、ブレーキを踏みながら、アクセルをふかしているようなものです。

 

車だとエンジンに負担がかかりますね。

カラダだと余計な緊張で疲れやすくなります。

 

おまけに、筋肉の日常の緊張から、いわゆる「固太り」をしてしまいます。

 

テニスなどのスポーツだと反応速度や敏捷性に影響しますね。

 

 

直接、伸筋をゆるめてもいいんですが、もっと効果的なのは

 

 

屈筋をゆるめ、使えるようにすること。

 

 

なぜなら、屈筋が固く、使えないので伸筋が頑張ってるので。

 

 

これだけで、シェイプアップやスポーツのパフォーマンスアップが可能です。

おまけに腰痛、股関節や膝関節の痛みからも解放されます。

 

 

そのあたりの詳しいハナシはぜひ講座にて(笑)

 

 

 

 

チーム単位、団体単位で「どんなものか話を聞いてみたい」「体験してみたい」

などご希望がありましたら、お伺いできます。こちらからご連絡下さい。

 

 

 

 

ki-ta

最新情報

はこちら

から!

 

      ロゴをクリック!