体幹(コア)についての雑感つづき

 

 

店主のキータです。

前回の体幹(コア)についての雑感①は好評だったようで、ご感想を何人の方から頂きました。

 

個人的にはこの手のトレーニングは効かせるものではないと思っています。

いかに楽に、その体勢を続けられるか?が日常生活を楽にしたり、スポーツでの

パフォーマンスにつながると思ってるからです。

 

 

インナーユニットは鍛える前に、まず筒状に整える。

そのためには、前回ご紹介した筋肉以外をまず整える必要があるんです。

 

 

それは、、大腰筋です。

 

 

周りの筒を整えても、大腰筋が固いままであれば、筒は潰れます。

そして大腰筋が固くなると、股関節が屈曲し、大腿骨が外旋します。

 

簡単に言うとO脚のようになります。

見た目、O脚にならなくても、力はその方向に常にかかってるので、骨盤や骨盤低筋群に影響します。

 

また、股関節が屈曲し、大腿骨が外旋すると、連動して縫工筋が緊張し、鷲足に影響し、脛骨(すねの骨)ではなく、腓骨で支えるようになり、腸脛靭帯・大腿筋膜張筋に負担が掛かってきますね。

 

 

 

大腰筋のためのセルフケアは、さとう式ではいっぱいあります。

 

シェー体操

みぞおち体操

大腰筋リリース…なんでもいいので、大腰筋ファーストです。

 

 

そのあとは、インナーユニットへ。

リンパケアのウエストケアでもよし、ウエストダウン呼吸でもよし、やさしく

なでるもよし、触れて呼吸でもよし。

 

 

体幹トレーニングをするなら、そのあとですね。

 

上記をやってみたあとに、いろんな動きをしてみてください。

そして、ウエスト回りを確認してみてください。

 

別人のようになっているはずです。

 

 

それでも体幹トレーニングをするかどうかは、、、、

 

 

あなた次第です。

 

 

 

 

 

ki-ta

最新情報

はこちら

から!

 

      ロゴをクリック!