困ったことに……

 

さとう式リンパケア上級インストラクターの北裕二です。

以前も何回かお伝えしてる屈筋理論。

 

 

 

この季節、道路工事でよく見かけるユンボ。

赤で囲ってるのが、アームを支えるシリンダーです。

 

もし、これが機能しなかったら、、、

上側のシリンダーがいくら頑張っても、アームの先端部分は地面から上がることは

ありませんね。

 

 

でも人間は困ったことに、赤で囲ってるシリンダ(屈筋群)が機能しなくても上側の筋肉(伸筋群)が背面から引っ張ってバランスを取ってしまうんですね。

 

そうすると伸筋群は常に引っ張られながら収縮します。

(筋トレでいうとネガティブエクササイズ状態)

 

とうことは余計に肥大したり固くなります。

固くなるということは、むくみ・冷えがもれなく付いてきますね。

 

女性のプロポーションのお悩みの場所って、ほとんど伸筋群ってご存知ですか?

(にのうで、ふともも、おしり、肩・肩甲骨まわり)

 

ちなみに関節が痛い時もほぼ伸筋側です。

 

そんな状態で、その部分が気になるからといって、そこをトレーニングやストレッチなんかしたら、、、、悲しい結果が目に見えてますね。。。。。

 

 

 

まずは、支持筋である屈筋を使えるように

するのが先決なんです。

 

それだけで、あっという間にキレイになるんです。

 

 

 

リクエスト開催も随時承り中です。

 

 

 

 

 

ki-ta

最新情報

はこちら

から!

 

      ロゴをクリック!